バスツアーの目玉「富岡製糸場」の情報


     

こんにちは、旅行が大好きな横山です。

私が皆さんに、是非お勧めしたい、満足度100%以上だった富岡製糸場のバスツアーを、ご紹介したいと思います。

旅行好きが高じて、こんなサイトを作ってしまいましたよ(笑)!!


まずは、今回のバスツアーの目玉「富岡製糸場」について、簡単にご説明いたします。

2014年6月、遂に念願かなって「富岡製糸場と絹産業遺産群」が、ユネスコ世界文化遺産として登録されました。

2013年の「富士山」に続いての、嬉しい決定でしたね。

日本にとっては、18番目の世界遺産登録になりました。

世界遺産は、国際連合教育科学文化機関=ユネスコがつくる、世界遺産リストに登録された自然・文化遺産です。

国や民族を超えて共有すべき、「顕著な普遍的価値」を有する、人類共通の宝物のことをいいます。


富岡製糸場は、明治政府の近代化政策の1つとして、明治5年(1872)操業を開始しました。

当時の主要輸出品「生糸」の品質向上と、大量生産に必要な器械製糸技術の普及を目指した、官営の模範製紙工場です。

産業革命により発達した西洋技術の導入や、多くの就業者を必要とした日本での、最初の本格派な近代工場となったのです。

製紙場の建設と器械製糸技術の導入は、明治政府が雇ったフランス人技師、ポール・ブリュナの指導のもと、行われました。

主要な建物は、煉瓦やガラス、トラス構造などの西洋技術と、瓦屋根や木造建築などの在来技術を融合した、和洋折衷の建築になっています。

当時描かれた錦絵に見られる、創業当初の建造物群が、ほぼ、完全な形で残る貴重な文化遺産なんですよ。

女工勉強の図-錦絵(富岡市蔵)


見どころは、木骨煉瓦造の「東繭倉庫」「西繭倉庫」

回廊様式ベランダ付住宅の「旧三号官舎」

そして、首長ポール・ブリューナーとその家族が1875(明治8)年まで居住していた「ブリューナー館」

などがありますが、なんといっても圧巻だったのが「繰糸場」でした。

    


「繰糸場」は、長さが、なんと140mもある工場で、中に入ると景色が一変するんです。

建築の設計というものは、一般的には複雑で難しいという印象がありますよね。

確かに、そういう面もありますが、『富岡製糸場』の「繰糸場」はとってもシンプルな構造になっているんです。

運動会やイベントなどでよく見かけえる、テントを思い浮かべてみて下さい。

テントというのは、柱で囲われた直方体の空間を三角形の屋根で覆った形です。

それが、最も単純な建築の仕組みになんだそうです。

そんなテントを繰り返し横に並べれば、いくらでも細長い空間をつくることができるのです。

そんなイメージがそのまま現実になった建築物が、「繰糸場」でした。

屋根を支える小屋組みに、三角形の骨組みを基本にして強度を持たせた、「キングポストトラス」という構造を採用しています。

その構造により、内部に柱がない、大空間を実現したんだそうです。

操業初期は、300釜のフランス式繰糸機が配置され、400人以上の工女が働いたといいます。

そして、操業停止時の機械が、そのまま今も保存されており、貴重な文化遺産となっているのです。


それから、実際に富岡製糸場で技術を学んだ伝習工女として活躍をした女性がつづった日記があります。

『富岡日記』というものなのですが、これが出版されたことで当時の女性がどういうことを考えて仕事をしていたのか、どういう生活を送っていたのかなどが分かる資料として、大きな注目を集めています。

伝習工女というそれまでにはなかった、新しい仕事をする女性の考えや社会的な地位なども理解することが出来るので、貴重な資料ともなっています。

富岡製糸場は多くの女性が働き手となるという、当時としても画期的な仕事場だったんです。

そのため、運営をする側もさまざまな苦労があったでしょうし、働く女性にしてもいろいろな苦労があったでしょう。

そして、苦労だけではなく楽しみもあったことがわかります。

明治という時代は、日本が世界に大きく羽ばたいていくことになった始めの頃の時代ですから、多くの人が希望を持っていた時代ということもいえるでしょう。

そうした希望が富岡製糸場にあったことがわかります。

国家が期待する施設であったとともに、働く人にとってもその家族にとっても大きな期待が込められていた施設だったのが富岡製糸場ということです。

日本にとっては、それだけ重みのある施設ですね。


そして、富岡製糸工場と絹産業遺産群が世界文化遺産登録を記念して発売を開始されたのが、「富岡日記弁当」なんです。

回顧録である「富岡日記」に書かれていた食生活を基に考えられたご飯やおかずが詰まっています。

バスツアーではお弁当として出ませんが、お土産に買って、おうちに帰ってから晩御飯として、富岡製糸場を思い出しながらいただくのもいいもんですよ。

満足度100%以上だった『富岡製糸場』 日帰りバスツアー

それでは、満足度100%以上だった、富岡製糸場の日帰りバスツアー」の内容をご紹介しますね。

それは、私がいつもお世話になってるクラブツーリズムさんが企画した

『伊香保温泉入浴と囲炉裏炭火焼き御膳 世界文化遺産に登録決定!富岡製糸場』<こだわりバス>』

という日帰りバスツアーでした。

“こだわりバス”……というのは、

『せっかくの旅行だから移動時間も快適に過ごしていただきたい!』

というクラブツーリズムさんの思いから、バスのタイプがいろいろ揃えられているんです。

今回の富岡製糸場日帰りバスツアーは、トイレ付バスによるバスツアーにしました。

トイレ付だと、移動時間が長くても、お昼やバスの中でも、遠慮なく飲み物も楽しむことができますからね。

そして、工程表がコチラ。

♪横浜ロビー(8:00発) ⇒ 富岡製糸場(10:30頃着)【見学 約60分】 ⇒ 伊香保温泉(13:00頃着)【昼食・散策・入浴 約120〜140分】 ⇒ 横浜ロビー(18:30予定)



       

さて、バスツアー当日、横浜駅西口の横浜ベイシェラトンホテルロビー内にある「クラブツーリズム バス集合場所」へ集合です。


     

いよいよ朝8時に出発!

いつも思うんですが、クラブツーリズムさんのバスはとっても快適です。

他の方も、みんな和気あいあいとして、とってもいい雰囲気になっていますよ。


     

そして、10時半前には富岡製糸場に到着です。

道が空いてたので、予定より少し早めに着いたようです。

見学の時間は約60分。

以外に時間が少ない……と思いましが、これで十分でしたよ。

下調べをきちんとしてたので、スムーズに次から次へと順番に見学することができました。

やっぱり「繰糸場」は、荘厳でしたね!!

さて、満足したところで次の目的地、「伊香保温泉」を目指します。


     

そして、ランチの時間。

ランチは、「囲炉裏炭火焼き御膳」です。

いつもは小食の私ですが、この日ばかりは富岡製糸場で歩き回ったせいか、とってもお腹がペコペコ。

旬の味を、存分に、存分に堪能しましたよ!


     

食事の後は温泉です。

いやあ〜、お昼の日差しがある温泉は格別ですね!

これで、日頃のストレスもすっかり解消しましたよ。

温泉・・・大好きです!!


     

今日のツアーも終了、横浜に戻ってきました。

この時期、すっかり外は夕闇に包まれていました。

ああ〜、楽しかった……!!!


以上、今日は富岡製糸場への、日帰りバスツアーをご紹介させて頂きました。

私がいつもお世話になっているのは、【クラブツーリズム】さん。

なによりも、ツアーの企画内容がしっかりしているので気に入っています。

今回の富岡製糸場へのツアーは、しっかり伊香保温泉が組み込まれていました。

食事も癒しも、もちろん観光も!

満足度100%以上の日帰りバスツアーでしたよ!!

何度が、他の会社の “安さがウリ” のツアーに参加したことがあるのですが、やっぱり駄目でした。

値段だけで選ぶと、とんでもないことになります……よね!!(笑)

クラブツーリズム「富岡製糸場バスツアー特集」はコチラへ


ワンランク上のバスツアー【ロイヤル・グランステージ 四季の華】はコチラ



- コンテンツ -

ツアーで見どころ満載!…世界遺産「富岡製糸場」の魅力

東京発のバスツアーで富岡製糸場に行こう!

ユネスコ世界文化遺産の富岡製糸場日帰りバスツアーがおすすめ!

運営者情報